2018年02月の記事一覧 | ノロの消毒、ノロ、O157などの食中毒情報

アーカイブ :

岐阜のホテルで35人食中毒 ノロウイルス検出 – 産経ニュース

岐阜のホテルで35人食中毒 ノロウイルス検出
産経ニュース
岐阜県は24日、同県美濃加茂市の「シティホテル美濃加茂」の和食店で食事をした男女35人が腹痛や発熱などの食中毒症状を訴え、このうちの12人と調理員1人からノロウイルスを検出したと発表した。重症者はなく、いずれも快方に向かっている。 県によると、35人は愛知、岐阜、三重、神奈川の4県と東京都に住む26

尼崎のすし店で食中毒 /兵庫 – 毎日新聞

尼崎のすし店で食中毒 /兵庫
毎日新聞
尼崎市保健所は23日、「廻鮮寿し 丸徳 武庫之荘東店」(武庫之荘東2)で17~19日にすしなどを食べた13グループ45人のうち、28人が下痢や腹痛などを訴え、店員1人を含む10人の便からノロウイルスが検出されたと発表した。いずれも快方に向かっているという。食中毒と断定し、1日間の営業停止を命じた。市保健

科学が示す、室内に植物を置くべき5つの理由 – Forbes JAPAN


Forbes JAPAN
科学が示す、室内に植物を置くべき5つの理由
Forbes JAPAN
アスベスト、カビ、ラドン、ホルムアルデヒド、ベンゼン、一酸化炭素などが代表的な汚染物質である。こうした微細粒子に晒されることでドライアイ、頭痛、ときには喘息にかかる可能性もある。NASAによれば、スパティフィラム属やセイヨウキヅタなどの植物は汚れた空気をきれいにするという。これらの植物は根や葉で汚染物質を吸収

食品にも使える除菌剤 ノロウイルス予防に – 岐阜新聞


岐阜新聞
食品にも使える除菌剤 ノロウイルス予防に
岐阜新聞
岐阜県各務原市のベンチャー企業「バスター」は、魚や野菜などの食品にも使用でき、除菌力が高い食品添加物殺菌料製剤「ジアマックス」を独自開発し、販売している。ノロウイルスなどによる食中毒の予防や、空中に噴霧することで室内の除菌、消臭効果もあるという。 同社は、食品衛生に関する飲食コンサルタントをして

「加湿器」手入れしないと逆効果 菌などリスクが! – テレビ朝日


テレビ朝日
「加湿器」手入れしないと逆効果 菌などリスクが!
テレビ朝日
乾燥が続くこの季節、加湿器が人気だ。ただ、正しくお手入れしていないとカビや菌をまき散らしてしまうという。では、どうすればいいのか取材した。 冬の乾燥対策に人気の加湿器。流行中のインフルエンザにも効果的とされて大変、人気だ。しかし、こんな人は要注意。定期的なお手入れをしていない人だ。加湿器のお手

and more »

海老蔵 子ども達がノロウイルスに感染した可能性…「可哀想です」 – デイリースポーツ


デイリースポーツ
海老蔵 子ども達がノロウイルスに感染した可能性…「可哀想です」
デイリースポーツ
歌舞伎俳優の市川海老蔵が23日、ブログを更新し、子ども達がノロウイルスに感染した疑いがあることを明かした。 海老蔵は病院へ向かい「二人の症状を話してお薬だしてもらいまする」とし、「薬を調達し 家に届け 歌舞伎座へ」と記した。「ノロの可能性もあると言うことで、、可哀想です」と2人の子供を心配。 続けて、「この季

別府のホテルで食中毒 ノロウイルス検出 :日本経済新聞 – 日本経済新聞

別府のホテルで食中毒 ノロウイルス検出 :日本経済新聞
日本経済新聞
大分県は23日、同県別府市の「ホテル雄飛」で食事をした40~80代の男女16人が嘔吐(おうと)や下痢などの症状を訴え、うち6人からノロウイルスを検出したと発表した。全員快方に向かっている。調理をした.

and more »

汗などによる“ニオイの原因”を水に変える『ハイドロ銀チタン(R) スラックス』発売医師が開発したクリーン技術「ハイドロ銀チタン(R)」搭載 – 産経ニュース


産経ニュース
汗などによる“ニオイの原因”を水に変える『ハイドロ銀チタン(R) スラックス』発売医師が開発したクリーン技術「ハイドロ銀チタン(R)」搭載
産経ニュース
医師の新しい発想で生まれた「ハイドロ銀チタン(R)」は、タンパク質を分解する新素材です。花粉、ハウスダスト、カビ等のタンパク質や、ニオイのもととなる不衛生タンパク質を分解して水に変える、「DR.C医薬」独自のクリーン技術です。原材料の成分は、ファンデーションの主成分である酸化チタンであるため、安全性の高い物質
汗などによる“ニオイの原因”を水に変える『ハイドロ銀チタン® スラックス』発売医師が開発したクリーン技術「ハイドロ銀チタン®」搭載PR TIMES (プレスリリース)
花粉やハウスダストを分解し清潔さを保つDR.C医薬のハイドロ銀チタン配合高機能タオル@DIME

all 3 news articles »

南アフリカでリステリア食中毒流行、172人死亡 – AFPBB News


AFPBB News
南アフリカでリステリア食中毒流行、172人死亡
AFPBB News
細菌の培養状況を調べる研究者(2010年8月13日撮影、資料写真)。(c)AFP PHOTO / BELGA / JORGE DIRKX. 【2月23日 AFP】食品を媒介して感染するリステリア菌の被害が南アフリカで広がっている問題で、現地の国立感染症研究所(NICD)は22日、昨年1月から915件の感染報告があり、172人が死亡したと発表

and more »

スマホで「食中毒を起こす可能性がある食べ物」を検知できる技術を研究者らが開発中 – GIGAZINE

スマホで「食中毒を起こす可能性がある食べ物」を検知できる技術を研究者らが開発中
GIGAZINE
大腸菌やサルモネラといった食中毒の原因となる菌を検出するには、通常ラボで特殊な器具を使い時間をかけてDNA鑑定を行う必要があります。しかし、スマートフォンとアタッチメントを利用することで、一般の人でも簡単に少数の細菌を検出できる技術を研究者らが開発しています。 Scientists Develop Smartphone App

 
▲Page Top