2018年01月の記事一覧 | ノロの消毒、ノロ、O157などの食中毒情報

アーカイブ :

ウミガメで食中毒、子供8人が犠牲に 母乳飲んで死亡した新生児も(マダガスカル) – BIGLOBEニュース


BIGLOBEニュース
ウミガメで食中毒、子供8人が犠牲に 母乳飲んで死亡した新生児も(マダガスカル)
BIGLOBEニュース
マダガスカル保健省は今月中旬、国内北部でウミガメの肉による食中毒が発生し8人が死亡したと公表した。この地域では毎年気温が上がるこの時期に、有毒藻類をエサとするウミガメや魚を食べて死亡するケースがあとを絶たないようだ。 保健省のボロハニー氏は16日、ウミガメを食べた27人が食中毒を発症、うち8人

and more »

【海外発!Breaking News】ウミガメで食中毒、子供8人が犠牲に 母乳飲んで死亡した新生児も(マダガスカル) – Techinsight japan

【海外発!Breaking News】ウミガメで食中毒、子供8人が犠牲に 母乳飲んで死亡した新生児も(マダガスカル)
Techinsight japan
マダガスカル保健省は今月中旬、国内北部でウミガメの肉による食中毒が発生し8人が死亡したと公表した。この地域では毎年気温が上がるこの時期に、有毒藻類をエサとするウミガメや魚を食べて死亡するケースがあとを絶たないようだ。 保健省のボロハニー氏は16日、ウミガメを食べた27人が食中毒を発症、うち8人

食品衛生規制の見直しでパブコメ開始 厚労省 – 日本消費者新聞


日本消費者新聞
食品衛生規制の見直しでパブコメ開始 厚労省
日本消費者新聞
食品リコール情報の報告制度やHACCP(危害分析重要管理点)の制度化、食品容器包装物質のポジティブリスト化など、食品衛生法改正を含む新たな食品衛生規制の見直し骨子案について、厚労省は1月19日からパブリックコメント(一般からの意見募集)を開始した。2月7日まで意見を受け付ける。食中毒対策へ

田辺市の飲食店で食中毒 /和歌山 – 毎日新聞

田辺市の飲食店で食中毒 /和歌山
毎日新聞
田辺市の飲食店で食中毒 /和歌山. 毎日新聞 2018年1月23日 地方版. 和歌山県. [PR]. 県は22日、田辺市湊の飲食店「とり焼き 鳥絆」で今月16日にとり刺し身などを食べた22~48歳の男女5人が下痢や発熱などを訴え、患者からカンピロバクターが検出されたと発表した。全員軽症で快方に向かっている。県

陸前高田の飲食店、ノロで4人食中毒 3日間営業停止 – 岩手日報 – 岩手日報

陸前高田の飲食店、ノロで4人食中毒 3日間営業停止 – 岩手日報
岩手日報
大船渡保健所は22日、ノロウイルスによる食中毒を起こした陸前高田市高田町の飲食店「公友館 俺っ家(ち)」(熊谷浩昭代表)を同日から3日間の営業停止処分とした。4人が食中毒症状を訴えたが重症者はおらず、全員が快方に向かっている。 県によると、17日に同店で生ガキ、ホルモン焼き、刺し身などを食べた20

and more »

クワズイモで女性が食中毒 静岡|静岡新聞アットエス – @S[アットエス] by 静岡新聞


@S[アットエス] by 静岡新聞
クワズイモで女性が食中毒 静岡|静岡新聞アットエス
@S[アットエス] by 静岡新聞
静岡市は22日、駿河区の60代女性が自宅庭の鉢植えで栽培されていた有毒の「クワズイモ」を食べ、食中毒を発症したと発表した。 市保健所によると、女性は18日、自宅…
「クワズイモ」に注意…静岡で食中毒読売新聞

all 2 news articles »

自家製の缶詰でボツリヌス症に、8-11か月入院したドイツの夫婦 – MEDLEY(メドレー)


MEDLEY(メドレー)
自家製の缶詰でボツリヌス症に、8-11か月入院したドイツの夫婦
MEDLEY(メドレー)
ドイツの大学病院の医師らが、自家製の缶詰によるボツリヌス食中毒で入院した47歳女性と51歳男性の夫婦の例を、専門誌『Journal of Medical Case Reports』に報告しました。 先に受診したのは妻でした。めまい、複視(ものが二重に見える)、構音障害(うまく言葉を発音できない)、眼瞼下垂(まぶたが下がる)な

80代の夫婦がフグで 宇佐市 /大分 – 毎日新聞

80代の夫婦がフグで 宇佐市 /大分
毎日新聞
県食品・生活衛生課は20日、宇佐市内の80代夫婦がフグを原因とする食中毒にかかったと発表した。2人は一時入院したが快方に向かっているという。 同課によると、2人は知人にもらったフグを18日に調理して食べ、19日朝にはフグの皮を使ったみそ汁を飲んだ。同日昼にしびれや脱力感、ろれつが回らない、立てないな

千葉・日本料理店で食中毒 /千葉 – 毎日新聞

千葉・日本料理店で食中毒 /千葉
毎日新聞
千葉・日本料理店で食中毒 /千葉. 毎日新聞 2018年1月21日 地方版. 千葉県. [PR]. 千葉市は20日、同市中央区春日2の「鮨割烹みどり」を利用した男女40人が下痢や吐き気などの症状を訴え、18人からノロウイルスが検出されたと発表した。同店は22日までの3日間営業停止処分を受けた。

すし店で40人ノロ 千葉市 – 千葉日報

すし店で40人ノロ 千葉市
千葉日報
千葉市は20日、同市中央区春日2のすし店「鮨割烹(すしかっぽう)みどり」を利用した20~60代の男女40人が吐き気や悪寒の症状を訴え、複数の患者と同店の調理担当者の便からノロウイルスを検出したと発表した。市保健所は同店の弁当と食事が原因の食中毒と断定し、同日から3日間の営業停止処分とした。 市生

▲Page Top