2017年04月の記事一覧(2) | ノロの消毒、ノロ、O157などの食中毒情報

アーカイブ :

海外医療通信2017年4月号【東京医科大学病院 渡航者医療センター】 – トラベルビジョン

海外医療通信2017年4月号【東京医科大学病院 渡航者医療センター】
トラベルビジョン
1)経口感染症:輸入例としては細菌性赤痢5例、腸管出血性大腸菌感染症16例、腸・パラチフス5例、アメーバ赤痢4例、A型肝炎9例、ジアルジア3例が報告されています。腸管出血性大腸菌感染症は前月(5例)から大幅に増加し、エジプトでの感染が3例と多くなっています。

DOAC使用中の内視鏡、専門医の考え【時流 抗血栓療法】 – m3.com (登録)

DOAC使用中の内視鏡、専門医の考え【時流 抗血栓療法】
m3.com (登録)
抗血栓薬には消化管出血の副作用がある。日本消化器内視鏡学会は2012年に抗血栓薬使用中の待機的内視鏡検査・治療を対象とした「抗血栓薬服用者に対する消化器内視鏡診療ガイドライン」を改訂。抗血栓薬使用例の上部消化管出血への対応の最新情報について、GL …

カビや虫食いの危険性あり!「衣替えの際に心掛けたい」ポイント4つ – エキサイトニュース

カビや虫食いの危険性あり!「衣替えの際に心掛けたい」ポイント4つ
エキサイトニュース
衣類を保管していて、カビや虫食いの被害にあった経験はありませんか? 「大事にしまっておいたのに~!」と後悔しても後の祭り。事前に対策しておくことが何よりも大切なのです。 そこで今回は『ムシューダ』を開発・製造するエステーの髙野さんに伺った、“カビや虫食い被害に …

and more »

NVAF伴う脳卒中二次予防、開始時期の実態【STROKE2017】 – m3.com (登録)

NVAF伴う脳卒中二次予防、開始時期の実態【STROKE2017】
m3.com (登録)
抗凝固薬の休薬が必要な出血イベントはワルファリン群で消化管出血1例、出血性梗塞2例の計3例に発生したが、いずれも輸血が必要なものではなかった。DOAC群では出血イベントの発生はなかった。 新井氏は、「OACは軽症患者ほど早く開始されていた。DOACに限ると、 …

上部消化管出血リスク、セレコキシブ vs.ナプロキセン/Lancet – CareNet.com (登録)


CareNet.com (登録)
上部消化管出血リスク、セレコキシブ vs.ナプロキセン/Lancet
CareNet.com (登録)
非ステロイド系抗炎症薬(NSAID)とアスピリンの併用が必要な、心血管および消化管イベントのリスクが共に高い患者に対し、セレコキシブ+プロトンポンプ阻害薬(PPI)の投与は、ナプロキセン+PPI投与に比べて、上部消化管再出血リスクが半分以下に低減することが示された …

and more »

O157の感染確認 宮城県内で本年度初 – 河北新報

O157の感染確認 宮城県内で本年度初
河北新報
仙台市は12日、宮城野区の50代男性が腸管出血性大腸菌O157に感染したと発表した。感染は県内で本年度初めて。市によると、男性は4日から腹痛や下痢などを訴え、11日の検査でO157が検出され、感染が確認された。感染経路は不明。 関連ページ: 宮城 社会.

平成28年食中毒 事件数、患者数とも減少 1位ノロ、2位カンピロ – 鶏鳴新聞

平成28年食中毒 事件数、患者数とも減少 1位ノロ、2位カンピロ
鶏鳴新聞
腸管出血性大腸菌については、昨年8月に千葉県と東京都の老人ホームで「きゅうりのゆかり和え」を原因とする腸管出血性大腸O157の食中毒事件で10人が死亡したことを受けて、高齢者に野菜を加熱せずに提供する場合には次亜塩素酸ナトリウムなどによる殺菌を徹底する …

血栓性微小血管症(TMA)診断・治療実践マニュアル – 日経メディカル (登録)


日経メディカル (登録)
血栓性微小血管症(TMA)診断・治療実践マニュアル
日経メディカル (登録)
血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)や溶血性尿毒症症候群(HUS)に代表される血栓性微小血管症(TMA)。本書は、TMAの分類から診断、治療を包括的に記した、国内初の実践的なマニュアルだ。 腸管出血性大腸菌により誘発されるHUSは有名だが、それ以外のTMAは、 …

 
▲Page Top