2014年10月の記事一覧 | ノロの消毒、ノロ、O157などの食中毒情報

アーカイブ :

C型慢性肝炎治療薬「ソブリアード」にブルーレター – QLifePro医療ニュース


QLifePro医療ニュース
C型慢性肝炎治療薬「ソブリアード」にブルーレター
QLifePro医療ニュース
厚生労働省は10月24日、ヤンセンファーマ株式会社のC型慢性肝炎治療薬「ソブリアード(R)カプセル 100mg(一般名:シメプレビルナトリウム)」について、高ビリルビン血症関連の死亡例が報告されていることを踏まえ、ブルーレター(安全性速報)を発出し、注意喚起を開始した。

感染性胃腸炎、11月~2月に流行…東京都が注意喚起 – リセマム

感染性胃腸炎、11月~2月に流行…東京都が注意喚起
リセマム
東京都保健福祉局は10月30日、ノロウイルスなどの感染性胃腸炎に注意するよう呼びかけた。2014年第43週(10月20日~26日)の定点あたり患者報告数が、昨年同時期よりやや高い数値となったためだ。11月以降に患者数が増加する傾向があるため、感染予防に努めたい。

and more »

園児ら6人、腸管出血性大腸菌に感染 – 佐賀新聞

園児ら6人、腸管出血性大腸菌に感染
佐賀新聞
県健康増進課によると、医療機関から24日、男児1人が腸管出血性大腸菌O103に感染していると届け出があった。園児の家族を検査したところ、1人からO103を検出した。園児が通う保育所でも園児と職員計4人が腸管出血性大腸菌の感染が判明したが、具体的な型は …

不思議きのこ15選 松露やホシアンズタケ、ヤマブシタケなど – livedoor

不思議きのこ15選 松露やホシアンズタケ、ヤマブシタケなど
livedoor
ところで、気をつけなくてはいけないのが、食中毒。なめこそっくりなコレラタケ、天然しいたけそっくりなツキヨタケなど、見慣れたきのこに瓜二つながら毒を持つきのこもあり、素人には判断が難しいもの。 さて、そうしたそっくりきのこ以外にも、きのこどころか全く別の何かをイメージ …

and more »

<ニュースの焦点>外食産業の三大リスク~食中毒、バイトテロ、調達 – フーズチャネル


フーズチャネル
<ニュースの焦点>外食産業の三大リスク~食中毒、バイトテロ、調達
フーズチャネル
外食産業のリスクと聞いて、あなたは何を思い浮かべますか? 反射的に「食中毒」を連想した方も多いのではないでしょうか。厚生労働省の調べによると、 平成24年の全国の食中毒患者は26,699人で死者11人、平成25年は患者が20,802人で死者1人となっています。これには …

生レバー提供で逮捕 刺し身や鍋料理への影響を危惧 – 夕刊アメーバニュース

生レバー提供で逮捕 刺し身や鍋料理への影響を危惧
夕刊アメーバニュース
これは、牛レバ-の生食には、腸管出血性大腸菌による重い食中毒発生のリスクがあるからで、同省はレバーの中心部まで十分に加熱するよう指導。飲食店に対しては、 「加熱用設備を提供し、中心部まで十分な加熱を要する等の情報提供を行う」 「消費者が加熱せずに食べて …

「ユッケ出して逮捕」だって – BLOGOS

「ユッケ出して逮捕」だって
BLOGOS
そんな中、ある焼き肉店でユッケを食べた人が食中毒で死亡。 こりゃ、危険です!と。 いや、もともと生肉は危険なんです!と。 テレビは頑張って視聴率稼ぎのために煽るだけ煽りまくった。 僕のブログを見てくださってる方や本を読んでくださってる方はもう知ってるだろうが、テレビ …

O157:諏訪の小学校、給食調理員から検出 食中毒発生の店で食事 /長野 – 毎日新聞

O157:諏訪の小学校、給食調理員から検出 食中毒発生の店で食事 /長野
毎日新聞
諏訪市教委は29日、市立小学校の40歳代女性給食調理員1人から、病原性大腸菌O157が検出されたと発表した。市内の病院に入院中だが快方に向かっている。茅野市のステーキハウスでO157による食中毒が発生しており、調理員も19日に同店で食事をしたという。

and more »

食中毒:旅館で高校生と2歳児が症状−−石川 /福島 – 毎日新聞

食中毒:旅館で高校生と2歳児が症状−−石川 /福島
毎日新聞
県食品生活衛生課は29日、石川町猫啼の旅館「西田屋」で食事をした男女7人が発熱や下痢などの症状を訴えたと発表した。調査した県中保健所などは、旅館の食事が原因の食中毒と断定し、旅館を同日から31日までの3日間、営業停止処分とした。患者は全員、快方に …

毒キノコ販売した「道の駅」駅長ら処分 滋賀・高島の朽木むらおこし公社 – 産経ニュース

毒キノコ販売した「道の駅」駅長ら処分 滋賀・高島の朽木むらおこし公社
産経ニュース
… で、道の駅を運営する朽木むらおこし公社は29日、管理監督責任を問い、同公社の男性理事長(61)を報酬20%減額(1カ月)、道の駅の男性駅長(56)を減給10%(2カ月)の処分にしたと発表した。処分は25日付。 同公社は処分理由について、「確認を怠り、食中毒の原因と …

 
▲Page Top