2011年05月の記事一覧 | ノロの消毒、ノロ、O157などの食中毒情報

アーカイブ :

腸管出血性大腸菌 – healthクリック

腸管出血性大腸菌
healthクリック
井戸水や生肉などから感染する、食中毒の原因となる大腸菌の一種。激しい腹痛や水っぽい下痢、手足のむくみなどがみられる溶血性尿毒症症候群(HUS)や、血便などが引き起こされる。主な種類としてO-157、O-128、O-111などがある。食品の加熱や調理器具の消毒、食事 …

腸管出血性大腸菌O-111とは – エキサイト: ニュース

腸管出血性大腸菌O-111とは
エキサイト: ニュース
○O-111とは腸管出血性大腸菌O-111は、O-157と同じ種類のものです。 「O」と付くのは、大腸菌には「O抗原」と「H抗原」という2つの種類がありますが、そのうちのO抗原の仲間であるということです。「111」や「157」といったOの後の数字は、発見された順番です。O-111はO …
【ユッケ食中毒問題】富山県、肉の生食の危険性の啓発を厚生労働省に要望オトナの会社設立

all 13 news articles »

 
▲Page Top