未分類 | ノロの消毒、ノロ、O157などの食中毒情報

アーカイブ : 未分類

姑婆芋、芋頭分不清九旬嬷誤食中毒 – 蘋果日報

姑婆芋、芋頭分不清九旬嬷誤食中毒
蘋果日報
食藥署副署長姜郁美說,姑婆芋又稱山芋、觀音蓮等,外觀與芋頭類似,但莖部是綠色,與芋頭莖部是紫色不同,姑婆芋在台遭誤食中毒的案例時有所聞,因其含草酸鈣、氫氰酸和生物鹼成分,民眾誤食後會出現口齒不清、麻痺、吞嚥困難等類似神經毒性症狀,現還沒接獲 …

and more »

食中毒:平塚の飲食店で20人症状 ノロ検出 /神奈川 – 毎日新聞

食中毒:平塚の飲食店で20人症状 ノロ検出 /神奈川
毎日新聞
県平塚保健福祉事務所は5日、平塚市代官町の飲食店「いしけん」「いしけん別館」で4月26日に飲食した1〜82歳の男女20人が下痢などの食中毒症状を訴えたと発表した。患者からノロウイルスなどが検出されたため、両店を今月5日から営業禁止にした。 提供された料理は …

知事に中核市指定の同意申入れ・市民サービスの一層の向上へ – 東武よみうり


東武よみうり
知事に中核市指定の同意申入れ・市民サービスの一層の向上へ
東武よみうり
中核市になると、日常生活に関わりの深い事務が県から移譲され、これまで以上に市民ニーズを反映した行政サービスを提供できるほか、保健所を設置し、感染症や食中毒への迅速な対応ができるようになる。 高橋市長は「まちづくりについても、県南東部の中核市を目指して …

日本細菌検査が家庭用検査綿棒を発売 – 琉球新報

日本細菌検査が家庭用検査綿棒を発売
琉球新報
食品微生物検査会社の日本細菌検査(大阪府、森基行社長)は、一般家庭の食中毒予防として、手軽に調理器具やおもちゃなどの汚れの有無を検査できる綿棒「アンシンチェック」=写真=を発売した。汚れの気になる部分を綿棒で拭き取り、検査薬に漬けるだけで汚れを確認 …

豚生レバーの法規制検討、厚労省の調査会 – TBS News

豚生レバーの法規制検討、厚労省の調査会
TBS News
厚生労働省は、生肉による食中毒などの事故を防ぐため、現在、食用として消費者に提供されている豚の生レバーなどに対し、法規制が必要かどうか検討を行っています。 17日、厚労省では、専門家や食肉業界の代表が参加して調査会が開かれ、現在、流通している豚や牛の …

and more »

卵の生食、リスク認識を 家庭でのサルモネラ菌食中毒 責任は? – MSN産経ニュース

卵の生食、リスク認識を 家庭でのサルモネラ菌食中毒 責任は?
MSN産経ニュース
自宅で生卵を食べ、サルモネラ菌の食中毒で死亡した女性の遺族が卵の生産業者を訴えた訴訟で先月、「生産業者に責任あり」との判決が出された。サルモネラ菌は鶏卵の中にいることもあり、生産業者がどんな対策を取っても家庭での管理状況が悪ければ食中毒を引き起こす …

馬刺しの食中毒患者が2人に(秋田県) – 日テレNEWS24

馬刺しの食中毒患者が2人に(秋田県)
日テレNEWS24
福島県の食肉処理業者が加工した馬刺しによる集団食中毒で、県内で2人目の患者が確認されました。馬刺しを食べた横手市の小学生の女の子が腸管出血性大腸菌0157に感染していることが新たにわかりました。県によりますと、この女の子は、今月10日から腹痛や下痢の …
馬刺し食べた女子児童「O157」感染し入院読売新聞
横手の女児、馬刺しでO157感染 県内、発症2人目秋田魁新報

all 4 news articles »

強い毒性…ユリ科野草いためて食べた親子食中毒 – 読売新聞

強い毒性…ユリ科野草いためて食べた親子食中毒
読売新聞
静岡県は14日、強い毒性を持つユリ科の野草「バイケイソウ」を食べた富士宮市の男性(64)と女性(33)の親子2人が吐き気や血圧低下、手足のしびれなどの症状を訴え、医師に食中毒と診断されたと発表した。 男性は入院したが、2人とも快方に向かっているという。

アピタルトップ > ニュース > 秋田県警でノロウイルス集団感染 出前の弁当で男女7人 – 朝日新聞

アピタルトップ > ニュース > 秋田県警でノロウイルス集団感染 出前の弁当で男女7人
朝日新聞
秋田市保健所は13日、警察共済組合秋田県支部が調理した出前の弁当を食べた秋田県警本部(同市山王4丁目)の男女7人がノロウイルスに集団感染したと発表した。 同保健所と県警によると、8日昼に同支部が運営する同市山王5丁目の「ふきみ会館」で調理したミックス …

and more »

世界最古の十進法の計算表、中国で発見 – ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト

世界最古の十進法の計算表、中国で発見
ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト
清華大学に、卒業生が香港の美術市場で購入したという竹簡(文字の書かれた竹の札)が寄贈された。 ところが、その竹簡は謎と混乱に満ちていた。竹札の順番はばらばらで、一部破損もみられた。すべてが悪臭を放ち、泥とカビに覆われていた。明らかに墓からの盗掘品だった …

and more »

 
▲Page Top