ノロの消毒、ノロ、O157などの食中毒情報

ノロウイルス、O157の消毒、除菌、感染症の基礎知識

ウィルス、細菌、バクテリア、ばい菌 いったいなにが違うの?

  • ウィルスとは?
    一言で言えば、ウイルスは他の生物の力を借りて繁殖します。ウイルスだけで増えることができません。
    ノロウイルス、インフルエンザウイルスなどウイルスと名がつくものは、他の生物に寄生して増えていくことになります。またウイルスは免疫があれば感染しないという特徴があります。
    抗体を人工的に作り、ワクチンの予防接種と言う形で病気にかからないようにすることもできます。(ワクチンを作ることに成功していないウイルスも多数存在しています、ワクチンがある方が珍しいとも言えます)
    小さすぎて、電子顕微鏡を使わないと見ることができません。

 

  • 最近とは?
    いわゆる細菌=バクテリアですが、栄養分と適切な環境があれば、分裂して増えていきます。最近そのものに対する免疫は作られることがありません。ただしバクテリアが作り出す毒素に対するワクチンは研究されています。
    寒天などで簡単に培養することができます。
    ワクチンを打つことで細菌に感染しても、悪い症状がでないとか抑えられたりします。

 

ウイルスとウィルスで起きる病気

インフルエンザ、エイズ、SARS(新型肝炎)、ノロウィルス、ロタウィルス、狂犬病、ウイルス性肝炎などなど

細菌と細菌で起きる病気

サルモネラ菌、O157,O111などは大腸菌です。ボツリヌス菌、炭疽菌、破傷風菌などこれまた一杯あります。

ノロの消毒、ノロ、O157などの食中毒情報 © 2018 Frontier Theme